MENU

総量規制の対象外の銀行カードローンの特徴

カードローンは大きく分けると銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンの2つに分ける事が出来ます。

 

最近人気が高く利用する人が多いのが銀行系カードローンとなっています。銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの違いがわからないという人も多いと思います。

 

現在カードローンを利用している人の中でも説明する事が出来るという人は少ないと思います。ここでは銀行系カードローンについてわかりやすくまとめています。

 

借入したお金は自由に使用する事が出来る

 

銀行系カードローンの大きな魅力として「借入したお金は自由に使用する事が出来る」という事があります。

 

銀行で利用する事が出来る住宅ローンや自動車ローン、教育ローン等のローンは申し込みする時に利用目的を明確にする必要があります。

 

しかし、銀行系カードローンの場合は使用目的が指定されていないので借入をしたお金は自由に使用しても問題はありません。これが銀行系カードローンを利用する大きなメリットと言えるでしょう。

 

借入は何度でも利用する事が出来る

 

銀行系カードローンは利用限度額以内なら何度でも借入を利用する事が出来ます。

 

100万円が限度額のカードローンを利用している場合は、最大100万円まで借入を利用する事が出来るので10万円借入をして7万円返済した後にさらに3万円借入して6万円返済で完済という自由な利用の仕方をする事が出来るようになっています。

 

金利が低く設定されている事が多い

 

銀行系カードローンは金利がかなり低めに設定してある事があります。

 

銀行系カードローンで借入を利用する場合は、金利により発生した利息も支払う必要がありますが、銀行系カードローンの場合は金利が低めに設定してあるので利息による負担が少なく利用する事が出来ます。

 

インターネットから申し込みする事が出来る

 

最近では銀行系カードローンもインターネットから手軽に申し込みをする事が出来るようになっています。中には即日借入に対応している銀行系カードローンもあります。

 

同じ銀行系カードローンでも違いはたくさんあります。その中から自分の目的に合ったカードローンを選ぶ事が出来るという魅力もあります。

急いで借りたいなら!おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日