MENU

銀行カードローンの審査は通りやすいって本当?

現在は総量規制というきまりがあり年収の3分の1までしか借り入れができなくなりました。

 

ところが銀行のカードローンは総量規制の対象外とされていて、年収の3分の1までしか借りられないという制限がありません。これだけでも魅力的に映りますがそれだけではないのです。

 

消費者金融系カードローンに比べて、銀行カードローンは審査が比較的通りやすい言われているのです。ただし、それはあくまで比較的であってどんな場合でもパスできるという意味ではありません。

 

延滞等がある場合、審査が難しくなる

 

仮に返済能力に問題がないとしても、延滞中の借り入れがあったり、かつて返済で滞りがあったというような事故情報があると審査は厳しくなってきます。

 

とはいえ事故情報などがないケースでは、消費者金融系カードローンの審査では落ちてしまったのに、銀行カードローンでは審査にパスすることができたという例は珍しくありません。

 

銀行からお金を借りるというと、事業を始める場合などといったケースを想定してしまいハードルが高い印象が強かったのですが、近頃ではニーズの多様化やユーザーの要望を考慮した結果、小口融資にも力を入れ始めています。そこで登場してきたのが銀行カードローンなのです。

 

銀行カードローンの審査通過するために必要な条件

 

それでは銀行カードローンの審査をパスするために必要な条件とはどういったことなのでしょうか。まず「十分な返済能力がある」ことが重要です。

 

借り入れ金額が少額でも返済能力がないと判断されてしまうと、審査を通過することは難しくなってきます。逆に言えば返済能力が十分であれば、過去に延滞などをおこしてないかぎり審査をパスできる可能性は高いと言えるでしょう。

 

パスできなかったとしてもペナルティーがあるわけではありませんので、銀行カードローンを検討しているのであれば、気軽に審査を受けてみてはいかがでしょうか。

急いで借りたいなら!おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日