MENU

非正規社員も多くの銀行カードローンを利用できます

カードローンの利用を考える方の中には、正社員ではなくフリーター・派遣社員などの非正規社員のために審査が通らないと最初から諦めてしまうケースもあるかもしれません。

 

従来、キャッシング・カードローン等の審査には正社員でないとなかなか審査が通らないと考えられていたのは事実です。しかしそれも今現在では少しずつ変わってきています。

 

全体として非正規社員の数が以前と比べて増えていることもあり、銀行カードローンもこのようなフリーター・派遣社員などでも審査が通るところが多くなっています。

 

安定した収入があれば審査が通る可能性がある

 

非正規社員の場合やはり正社員と比べると年収が低い傾向にある事は否定できません。しかし、審査で重要視されるのは単に収入額の高さ・低さだけではありません。最も重要視されるのは額そのものよりも安定して収入があるかどうかです。

 

安定した収入により返済能力があると判断されるのです。フリーター・派遣社員でも勤続年数が長く、安定して収入がある実績を提示することで、非正規社員でも審査が通る可能性は高くなります。

 

掛け持ちして働いている場合は合計年収を申告する

 

審査を申込む際に申告する収入額に対して利用限度額が決められます。非正規社員の場合には、複数のアルバイトや派遣会社で掛け持ちして働いている方もいらっしゃるでしょう。

 

そのような場合に、審査申し込みの際に主となる収入一社分しか申告しないと、収入額により審査が厳しくなって通らないケースや、利用限度額が希望する額まで届かない可能性があります。

 

掛け持ちして勤務しており複数の勤務先からの収入がある場合には、合計の年収を申告し審査を受ける事をお勧めします。

急いで借りたいなら!おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日