MENU

銀行カードローンの審査について知っておきましょう

銀行カードローンの審査基準は、消費者金融カードローンの審査と異なる点があるのでしょうか。

 

銀行カードローンへの申し込みをお考えの方、銀行カードローンの審査基準についての知識があると、申し込みから審査までのプロセスをより自信をもって進めることができます。

 

銀行カードローンの審査基準等について、知っておくべき点をまとめてみましたので、ご参照ください。

 

返済能力について

 

銀行カードローンの審査でもっとも重要視されるものが支払い能力でしょう。貸付を行う銀行側としては、返済能力に欠けるために返済期日を守られない、あるいは返済を長期にわたって延滞するなどのリスクを抱えることを避けようとします。

 

そのため十分な所得がないと考えられる方の申し込みに関しては、審査に通さないことがあります。収入が高いだけでなく、その収入がいかに安定しているか、すなわち勤務年数などについても考慮されることがあります。いちがいにはいえませんが、収入の多い方のほうが有利であるといえます。

 

収入と安定性

 

上の項とも関連がありますが、銀行カードローンの審査の場合、収入の高低だけでなく、勤務している会社の社会的信用度や、勤続年数、職種などについても目を配った審査がされます。

 

つまりたとえばの話ですが、月によって収入が大きくアップダウンするような職種についている人よりも、毎月同じ一定の金額を給料として受取る会社員のほうが有利になるということです。銀行カードローンの審査に通るためには、最低でも半年程度同じ職場で勤務していることが望ましいようです。

 

他のローンからの借入れについて

 

たとえば他にはカードローンを持っていなくても、住宅ローンや教育ローンなどによる借入れがかなりかさんでいる場合など、場合によってはこれ以上の借入れは無理と判断され、審査に通らないことがあります。

 

あまりにも多くの借入れをしている場合、複数からの借入れがかさんできている場合などには、ある程度これらを整理しておいてから、銀行カードローンに申し込んだほうが得策といえます。

急いで借りたいなら!おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日